美しさは作れるそんな手助けができるサイトになれば良いなと思います

クマを撃退!「目のクマ」対策方法で明るい表情へ

神楽
WRITER
 
クマの治し方
この記事を書いている人 - WRITER -
神楽
元BERY雑誌の美容ライター 美容系やダイエット系の記事を得意としてます。 皆様にお役に立てる記事を心がけております。

クマの治し方

あなたのクマは何タイプ?

クマのタイプって、青、黒、茶の3パターンのタイプがあるのをご存知でしょうか?

あなたのその目の下にある、クマを取り除くにはまずあなたのクマのタイプを知る必要があります。

このクマのタイプによってクマの対処方法が変わってくるので、ぜひ自分のタイプを確認してみましょう。

下記の2つをして確かめます。
1.あっかんべーして目の下の皮膚を下に引っ張る
2.鏡を持って上を向く

【結果】
1.あっかんべーして目の下の皮膚を下に引っ張ったときにクマが薄くなった気がする

⇒あなたの目のクマは「青クマ」の可能性が高いです。

2.鏡を持って上を向いたときにクマが薄くなった気がする

⇒あなたの目のクマは「黒クマ」の可能性が高いです。

3.両方とも薄くならなかった

⇒あなたの目のクマは「茶クマ」の可能性が高いです。

あなたのクマの種類はわかりましたでしょうか?
あなたのクマの種類がわかったら次はクマの対処方法を紹介します。

 

タイプ別クマの原因

青クマだった場合

あなたのタイプが青クマだった場合の原因として、「血行が悪くなっている」と言うのが原因として考えられます。

目の疲れや、寝不足、運動不足や食生活など、不規則な生活をしている事で青クマはできてしまいます。

また、遺伝の可能性もあり、人より目の下の肌の部分が薄いというのも考えられますので、他の人よりもクマができやすいのです。

 

黒クマだった場合

この黒クマの原因は、加齢による肌のたるみやはっきりとした顔立ちの人に出やすいのが特徴

顔が濃いといわれる人は、黒クマになりやすいのです。

また、目元の筋肉の衰えや、むくみなどの原因の可能性もあります。

 

茶クマだった場合

この茶クマがとても厄介です。あなたは目をよくこすったりしませんか?

このこすりによっての色素沈着が茶クマの原因がとても多いのです。

また、肌の乾燥、日焼けによるシミやそばかすの原因とも考えられており、茶クマが一番厄介なのです。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
神楽
元BERY雑誌の美容ライター 美容系やダイエット系の記事を得意としてます。 皆様にお役に立てる記事を心がけております。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Beauty Create , 2017 All Rights Reserved.